お墓の知識「建墓・納骨・入魂式・寿陵」について

建墓について

お墓を建てる時期は、四十九日、百ヶ日、月忌(毎月の命日)、一周忌までのお盆、お彼岸、一周忌などが一般的です。亡くなられた後、なるべく早く建てるに越したことはありませんが、特にこの日までにということはありませんので、仏事に関係のある日を一つの目安として考えましょう。その日を目標とした計画を立て、じっくりと建立したいものです。
すでに墓石がある場合には、新しく墓石を建てるかわりに、墓標に新仏の戒名(法名・法号)、俗名、没年月日、行年(享年)などを刻みます。

納骨と入魂式について

新しくお墓を建てられた場合、納骨はできるだけ早めにすることが大切です。お墓が完成したら、「開眼法要」の儀式を執り行ってもらいます。これは「魂入れ」とも呼ばれ、お墓に宗教的な役割を持たせる大切な法要であり、しかもおめでたい儀式です。
準備するものは、ローソク、線香、酒、水、香花などが一般的ですが、さらに米、塩、供物などがあればよいでしょう。
宗派によっては異なる場合がありますから、あらかじめ相談しておきましょう。

寿陵について

「寿陵」とは生前、つまり生きているうち間に本人自らが墓を建てることをいい、”寿の陵”と字が表すように「長寿を願うめでたいお墓」とされています。というのも、自分の墓を建てることによって一度死に、あらためて生まれ変わるという考えから、長寿になるといわれているからです。
この風習は古くからあり、かの聖徳太子も自ら築いたと伝えられています。過去において善根あるものとして流行した時代もありますが、このところ若い人たちを中心に寿陵が増える傾向があるようです。
寿陵の場合、墓碑に彫る名前には朱墨をいれます。

最新のお知らせ

  1. 宝塚霊園の写真 宝塚市の霊園なら西村石材店
  2. 川面墓地(宝塚市)墓地の申し込み受付・使用者募集案内
  3. 川面墓地(宝塚市)墓地の申し込み受付・使用者募集案内
  4. 宝塚すみれ墓苑(宝塚市)
PAGE TOP